【悲報】会社の行き遅ればばあ孕ませた

2019年一番抜けるエロ漫画!【悲報】会社の行き遅ればばあ孕ませた-抜けるババアのカラダに注意!

このエロいカラダ…抜かれるために生まれてきたとしか思えない!

 

このおっぱい…抜くための最強の相棒だ!

 

この行き遅ればばあ…エロすぎにつき、抜きすぎに注意!

 

思わずヤってしまった…そんな失敗が最高のカラダへの出会いだった…

◇◆◇大容量42ページを無料で試し読み◇◆◇

◆◇◆登録なしで今すぐ読めます◆◇◆

この作品で抜きますか?

これはこんな作品です

・美人好き

・巨乳好き

・熟女好き

・処女好き

・現実であり得そうなストーリー好き

こんな作品が好きならあなたは最高の抜き体験ができます!

無料の立ち読みで感度を確認しましょう!

↓↓公式サイトの立ち読みへ↓↓

→無料でエロい女上司で抜く←

↑↑会員登録なし、5秒で読める↑↑

第1話のあらすじ

会社で話題の女上司がいた

 

美人で、巨乳、でも仕事一筋の完全に行き遅れBBAだ。名前は沢村秋子34歳。

 

いつも仕事はきっちりとこなし、周りに厳しい。そのため田中はよく怒られていた。

 

この時はまだこの先BBAとあんなことになるなんて思いもしていなかった。

 

飲み会があった日の夜、次の日にデートを控えていた田中はすぐに帰ろうとしていた

 

しかし突然彼女から連絡が来てデートが用事で行けなくなったと伝えられる。

 

結局夜が空いたので自分1人で飲みなおそうかとしていたところに女上司とバッタリ出会ってしまった。

 

田中の様子がおかしい事に気付いた女上司が田中を誘い、結局一緒に飲みに行く事になった。

 

田中はいつも怖い女上司に怯えながら飲みの席についたが、仕事の時とは違う女上司に意外と好感を持て、楽しく飲めてた。

 

2人ともかなり酔いが回ったころ、うっかり田中が女上司にお酒をこぼしてしまい、巨乳が浮き彫りになる。

 

その事を意識した女上司はすぐに胸を隠し

 

「こんな行き遅れの胸なんか興味ないでしょ」

 

と卑屈になるが、そのあまりに巨大な胸に見惚れてしまった田中は

 

「そんな事ありません!大きい胸も好きです!」

 

とつい口走ってしまう。

 

それから2人には気まずい雰囲気が流れ始めた…

 

タクシーで帰っているとき、田中がかなり酔っ払ってしまった事を伝えると

 

「仕方ないわね。そんなに酔ってるなら少しウチで休んでいく?」

 

と誘いを受け、なぜか女上司の家に入る事になった…

 

この時からいつもと違う女上司のエロさに惑わされてきていた田中

 

部屋に入って改めて秋子のエロいカラダを見ていて我慢できなくなり、勢いで襲いかかって、キスをする。

 

女上司は拒否して、一度身体を離したが、思ったよりも反応は悪くない

 

ヤレる!!

 

そう思った田中は再度女上司の唇を奪っていくのであった…

◇◆◇大容量42ページを無料で試し読み◇◆◇



◆◇◆登録なしで今すぐ読めます◆◇◆

第1話のココが抜ける!

女上司にお酒がかかって濡れた服がおっぱいにくっついてるところ!

 

濡れたブラウスがカラダに引っ付いちゃっておっぱいの形がモロ分かりになるんですよ♪

 

今まで隠されていた部分がチラ見しちゃったところと、生々しいおっぱいに興奮しまくりでした!

 

しかもその時の女上司の顔が赤くなっててエロいんですよね♪

 

このシーンは良かった♪

こんなおっぱい揉みしだきたい!

やべーおっぱい!!!

 

めっちゃ良い!これは今後に期待できる〜♪こんなに良いおっぱい揉みしだきたいな〜。

 

おっぱい星人の僕には最高のおっぱいですw

 

このおっぱ…じゃなかった女上司も結構可愛いところあるんですね。

 

まぁ処女らしいから今まで男とそんな雰囲気になったこともなかったんでしょうね!

 

今後このおっぱいがどのように乱れて、どのように揉みしだかれていくのかが非常に楽しみになってきました。

 

もちろんおっぱいだけじゃなくて、作品の中で最高に抜けるところをしっかりとレポートしていくつもりです!

 

マジで期待しておいてください!これからおっぱい祭りだ〜!

↓↓公式サイトの立ち読みへ↓↓

→無料でエロババアをみる←

↑↑会員登録なし、5秒で読める↑↑